発達障がい

発達障がいとは?

知的障がい、身体障がい、精神障がいなどの障がいの種類の一つで、その中には自閉症スペクトラムやADHD(注意欠陥多動症)、LD(学習障がい)と呼ばれるものなどがあります。
この記事では、発達障がいへの支援・療育について、紹介いたします。


発達障がいとは

(文部科学省 主な発達障がいの定義)
出典元リンク:http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/004/008/001.htm


① 発達障がいへの支援・療育

発達障がいは脳機能の障がいであるが故に完全に治ることはありません。

以前までは親のしつけが悪い、できの悪い子と言われてしまうことが多くありましたが、発達障がいは脳機能の障がいであり、先天的な要因に起因することがほとんどでした。
しかし、適切な訓練や支援によってその症状を改善することができます。
医師による診断を受けることができますが、発達障がいの特徴は人によって様々で、
その症状は個人によって大きく異なります。
医師による診断はあくまでも目安で、こういった傾向にある程度の理解をし、一人一人のお子様と向き合ってその課題を捉えることが大切です。

発達障がいは医学的にマイナスな面、例えば他人の気持ちを理解するのが苦手、他人とのコミュニケーションが苦手、衝動性が抑えられない、忘れ物が多いなどが見られるために診断されますが、得意な面が数多くある場合があります。
例えば、電車などの興味のある分野に対しては非常に高い記憶力を発揮する、ルールを順守する、想像力が豊かであるなど、ある分野においては他の子よりも非常に高い能力を発揮することも少なくありません。
一人一人の子に合った環境や療育と呼ばれる専門的な支援を行うことで、本人の苦手を克服し、得意なことを伸ばしてあげることで、その課題を一つ一つ克服していくことができます。


ペアレントトレーニングの効果

まとめ

ファーストドリームでは、児童指導員や保育士、学校の教員免許を持ったスタッフなど、様々な資格を持った優秀な指導員が数多く在籍しています。

その優秀な指導員が専門知識を基に適切な支援を提供することで、子ども達が将来仕事をし、社会で活躍できる人材へと成長できるように支援を行っています。

0~6際の未就学児大募集
ファーストドリーム コラム
発達障がい
自閉症スペクトラム
高機能自閉症
ADHD(注意欠陥多動性障がい)
LD(学習障がい)
知的障がい
アスペルガー症候群
療育
ペアレントトレーニング
TEACCH
ABA(応用行動分析)